大型加硫設備(加硫缶)

大型加硫設備

ゴム製品の製造は、生ゴムを熱処理する工程が必要です(この工程を加硫と言います)。
大型のゴム製品の加硫には、製品を収納できる加硫設備(加硫缶)が必要となります。
当社は国内最大級の加硫設備(φ5200mm×15000mmL)を有し、大口径のゴム伸縮継手や原子力・火力発電所の復水器水室カバー、大型タンク類などのゴム製品を製造することができます。

仕様

設備番号 V−11(油圧自動操作アダムソン式ガレージドアー型)
寸法 φ5200mm×15000mmL
台車寸法 2200mmW×4000mmL (1台あたりの加重50トン×3台連結)
最高使用圧力 0.49MPa
内容積 306.7m3

加硫缶に入る製品の概略サイズ

形状 サイズ
〇型 φ4400mm×13000mmL
□型 3500mm×3500mm×13000mmL

※製品の付属品により多少寸法が変わる場合があります。

加硫缶に製品が入っている様子

  • 内径4200Aゴム伸縮継手製品の加硫内径φ4200mm
    ゴム 伸縮継手製品の加硫
  • 大型復水器水室ゴムライニングの加硫復水器水室カバー
    ゴムライニングの加硫

お問合せ

極東ゴム株式会社
インターネットからのお問合せはこちらから

info@kyokuto-rubber.co.jp

〒590-0904 大阪府堺市堺区南島町4-17
各種ゴムのことならお気軽にお問合せ下さい。
  • お電話でのお問合せはこちらから|072-232-1850
  • FAXでのお問合せはこちらから|072-232-1896

このページの先頭へ戻る