コントロールユニット本体一体タイプ(当社開発製品) / ゴム伸縮継手

大外径タイプ

プラントの配管では内圧などの影響で配管を移動させようとする力(推力)が発生します。この推力はゴム伸縮継手には継手を伸ばそうとする力として働くので、ゴム伸縮継手には過剰な伸びを起こさないようにする装置(コントロールユニット)が設置されることがあります。当社では通常”バックプレート型”とよばれるコントロールユニットを設置します。しかし、近年の傾向としてプラントの配管にFRP管を用いることが多くなってきています。このFRP管のFRPフランジに通常のバックプレート型コントロールユニットを設置すると、発生する推力が大きい場合にFRPフランジ部を圧壊させる恐れがあります。
本体一体型は、プラント配管がFRP管の場合でも安全に使用できるように設計・製作したゴム伸縮継手です。
本体一体型のコントロールユニットでは、バックプレート型コントロールユニットのように相手FRPフランジに推力を作用させないため、FRPフランジを圧壊させることはありません。

特徴
  • 相手フランジにはコントロールユニットにより推力を作用させないので、相手フランジを破壊することがありません。
  • 相手フランジ側にコントロールユニットのプレートを取付けられない機器(バルブ、ポンプなど)にも設置可能です。
  • バックプレート側コントロールユニットと比べて、相手配管との接続後に取付けることができるため、コントロールユニットの取付が簡単です。

お問合せ

極東ゴム株式会社
インターネットからのお問合せはこちらから

info@kyokuto-rubber.co.jp

〒590-0904 大阪府堺市堺区南島町4-17
各種ゴムのことならお気軽にお問合せ下さい。
  • お電話でのお問合せはこちらから|072-232-1850
  • FAXでのお問合せはこちらから|072-232-1896

このページの先頭へ戻る