よくあるご質問

よくあるご質問

お客様からよく頂くご質問をご紹介いたします。
極東ゴムについて、製品について・・・ご質問にお答えいたします。
今までお客様から頂いたご質問に対する回答をご紹介いたします。
こちらに掲載されていないご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

極東ゴムは、どんな会社ですか?
1921年(大正10年)創業の歴史ある工業用ゴムメーカーです。詳細
支店、営業所はどこにありますか?
営業部は本社にあり、全国に代理店を設定しています。
本社営業部の直通TEL.072-232-1856
          直通FAX.072-232-1896
会社はどこにありますか?
大阪府の堺市堺区南島町に本社工場があります。
物流に関して、陸運、海運とも恵まれた立地条件です。
陸上輸送が不可能な大型製品も、港湾設備に近いため輸送許可の取得が比較的容易で海運の利用ができます。詳細
カタログは送ってもらえますか?
ご連絡頂きましたら、直ちにカタログを送付させていただきます。詳細
ゴム伸縮継手はいつごろから発電所に採用されていますか?
ゴム伸縮継手を昭和32年から火力発電所に、昭和43年から原子力発電所に採用されています。詳細

見積の依頼はどうすればよろしいですか?
お問い合わせ窓口まで電話やメール、FAX等でご連絡ください。
折り返し回答させていただきます。詳細
製品の主な納入先はどこですか?
ゴム伸縮継手は、原子力・火力発電所、LNG設備、空調設備など、あらゆる産業分野に納入しています
ゴム可とう伸縮継手は、浄水場、下水処理場、排水処理場などです。
ゴムライニング製品は、原子力・火力発電所や化学工場、製鉄所などに納入しています。詳細
製品の在庫はありますか?
受注生産ですので基本的に在庫はありません。
ISO 9001 は取得していますか?
1999年認証取得しました。それ以降認証を継続しています。詳細
ゴムを自社で配合していますか?
配合しています。
8種類の原料ゴム(NR、CR、IIR等)を使い、数十種類の配合があります。詳細

ゴム伸縮継手にはどんなタイプがありますか?
標準タイプ、FE-エコジョイントΩタイプ、ベルトタイプなどの種類とオプションでエキセントやピンホール検知などが選べます。
用途に応じて、多種の製品があります。詳細
ゴム可とう伸縮継手にはどんなタイプがありますか?
筒型のストレートタイプや山付の低反力タイプ、埋設用や地震対応タイプなど多くの種類があります。詳細
ゴム伸縮継手の製造した最大口径は?
口径φ4400mmが最大です。
当社は、小口径(φ25mm)から大口径(φ4400mm)まで製造しています。詳細
工場でゴムライニング施工可能な最大の寸法は?
加硫缶 内径φ5200mm×長さ15000mmLの設備があります。
この加硫缶に入る寸法の製品はゴムライニング可能です。詳細
コントロールユニットとはどんなものですか?
配管の推力を防止して、継手の破損を防ぐ部品です。詳細
特許製品はありますか?
あります。製品案内に紹介しています。ご覧ください。詳細

お問合せ

極東ゴム株式会社
インターネットからのお問合せはこちらから

info@kyokuto-rubber.co.jp

〒590-0904 大阪府堺市堺区南島町4-17
各種ゴムのことならお気軽にお問合せ下さい。
  • お電話でのお問合せはこちらから|072-232-1850
  • FAXでのお問合せはこちらから|072-232-1896

このページの先頭へ戻る